今日はKonicaの第一世代一眼レフを持ち出そう

XZ231921_S
 OLYMPUS XZ-2, RAW, SILKYPIX 8

 あら?、T3のレンズキャップが右肩上がりだ。
 こいつぁ縁起が良いや!ってんでそのままで(苦笑)

 さて、Konica(小西六)の一眼レフといえば、AUTOREX系が有名ですが...
 (ごめんなさい、今となっては有名じゃないです、小西六のカメラを知る人の中で有名としておいて下さい)
 AUTOREX以前はレンズマウントも異なっていますので、資産としてあまり残されておりません。
 ただレンズの光学系は、そのまま"Konica Mount Type.2(コニカマウント2型)"へ引き継がれています。
 "Konica Mount Type.2(コニカマウント2型)"というのは、世間では"AR Mount"と呼ばれるもので、正式名称はARではなく2型となっていましたが、"AR Mount"という呼び名が広まったので、小西六でも"AR Mount"の呼び名でいっかとなった様です。(いつ?)

 さて、これらのマウントに互換性はありませんが、2型は意図的にフランジバックを短くしてあり、アダプタ経由で従来(及び市場に流通する殆ど全て)のレンズをつける事が可能です。
 かつては、その旨味からKonicaの一眼レフを愛用する人が多数居たと歴史学者は語っております。(誰によって?)

 ともあれ、Konica(小西六)最初の一眼レフは、発売時期が遅かったにも関わらず試行錯誤が繰り返され、わずか5年弱という短期間でレンズマウントの見直しが行われました。
 それでも最低限必要なレンズ(35mm~200mm)はありましたので、根強いファンがそのまま使うといったケースもあった様です。

 ただやっぱり、2017年現在、これらのレンズを集めるのは運次第じゃないでしょうかね。
 他に使える(変換アダプタを除く)カメラが無いので、見かけることはありますけれど、一般的な標準レンズやちょっとした望遠レンズとかですね。

 この"Konica FP"は、オーソドックスな機械式カメラで、露出計も何も付いておりません。
 いわゆるスタンダード(標準)品(最初の機種"Konica F"が当時の最新技術を盛り込んだスペシャルと言って良い機種だった為)となるのですが、実はこのひとつ前に"Konica FS"という名前のカメラが売られており、その意味が「Konica Fのスタンダード(Standard)」だったので...う~ん...どう呼べばいいのでしょうか。
 正確に位置付けるならば、スタンダード品のマイナーチェンジとなるのです。

 後の"AUTOREX"ではプロ用を謳い文句として"AUTOREX P"を発売しますが、プロ用と言いながらも実は"Canon P"と同じコンセプトだったりするので、"Populaire"の"P"としておきましょう。(独自研究?)

 "Konica FP"は写真を写す機能だけを持つカメラボディでありながら、後の自動露出等を備え持つ後ろのカメラボディたちよりずっと大柄で重たいです。

 ま、そこが良いのです(何でさ?)


 [追記]
 Konica 一眼レフ発売年表

 Konica FLEX35(試作のみ)
 1959年 Konica FLEX(最終試作機)
 1960年 9月 Konica F
 1960年12月 Konica FS
 1962年 9月 Konica FP
 1962年12月 Konica FSW
 1964年 8月 Konica FM

 1965年12月以降第二世代にバトンタッチ

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村

SAMURAIで写す

KIF_0003_S
 Kyocera SAMURAI 2100DG, Jpeg

 という訳で...前日に引き続きSAMURAIのネタです。

 20世紀のデジカメですから、多くを期待してはいけません。
 Konicaの"デジタル現場監督 DG-2"と同じく、白飛び黒潰れの激しい画を吐きます。

 それはそれ。
 個性として捉えます。

 しかし、こうして柔らかい光で撮影する分には、中々悪くありません。

KIF_0007_S
 Kyocera SAMURAI 2100DG, Jpeg

 しかし、一旦外へ出るとマゼンタで被るわ、白飛びしまくるわといった暴れん坊。
 調整してもこんな感じです。

 今更使う人は居ないと思いますが...要注意です。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村

SAMURAIってカメラ

20170918172406_S2
 Apple iPhone 6s Plus, Jpeg

 持っていた事をすっかり忘れていました。
 京セラのSAMURAIです。

 もう何年も前にジャンクを箱で買った時に一緒に付いていました。
 ハーフサイズカメラのSAMURAIじゃなくて、デジカメのSAMURAI 2100DGです。
 200万画素(あれ?デジタル現場監督と同じ画素数だ)です。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村

大阪、難波界隈 18.

20170101_Biogon_025_S2
 Carl Zeiss Contax II, Carl Zeiss Jena Biogon 35mm F2.8, Sakuracolor CENTURIA SUPER 200
 (期限切れフィルム)


 街は絶えず変化します。
 昨日見た景色が今日は違うかもしれない。

 光も絶えず変化します。
 今見た光が一瞬にして異なる光になります。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村

在りし日の加太ポンプ場

20140115_JUPTER3_008_S
 Canon VI-T, Carl Zeiss Jena Sonnar 50mm F1.5, Kodak GOLD 100

 先日加太へ魚を食べに行ったら、加太ポンプ場が消えていました。
 機能していないので新たに建設するとの看板がありました。

 確かにずっと機能していなかったけれど、オブジェとしては最高な存在感だったので、少し残念でしたね。


 ※これは興奮のあまり露出合わせをウッカリ忘れて撮影したので、露出過多なネガから起こしています。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今日はKonicaの第一世代一眼レフを持ち出そう
  • SAMURAIで写す
  • SAMURAIで写す
  • SAMURAIってカメラ
  • 大阪、難波界隈 18.
  • 在りし日の加太ポンプ場
  • 2002年ローパスレスの奇跡 2.
  • 東京、吉祥寺界隈 3.
  • 東京、浅草界隈 10.
最新コメント
カテゴリー
  • ライブドアブログ