大阪市西区

大阪、中之島で連なる橋を見て想う

20161015_ULTRAMAX400_004_S
 Canon AE-1, NFD 20-35mm F3.5L, Kodak ULTRAMAX 400, P.P.E.(Print processing emulation.) x 2

 大阪は水の都...だったけれど、今では殆どの堀が埋め立てられ道となってしまっている。
 僅かに雰囲気を残しているのは、中之島界隈ではなかろうか。

2013年10月10日に撮影した写真

 プラネタリウムを撮影していました。
 機械のほうです。
20131010_026_S
 Konica HEXAR RF, LZOS JUPITER-12 35mm F2.8, Fujifilm NEOPAN SS

 Ziss II型...精密な機械。
 コンピューターの無い時代に正確な星空を描いて見せた技術の凄さ。
 コンピューターにおんぶに抱っこな現代人には作り出せない...ロストテクノロジーなのかもしれません。

 実はこの時、Jena BiogonをつけたContax IIも持っていました。
 何故2台のカメラに同じ画角(しかもほぼ同じレンズ構成)のレンズを付けて持っていたのか。

 本当はContax IIで撮影したかったのですが、この時私のContax IIはオーバーホール前で、シャッターリボンの片方が切れていて、低速シャッターがうまく動作していなかったのです。
 だから抑えとしてHEXAR RFを所持していました。
20131010_012_S
 Carl Zeiss Contax II, Carl Zeiss Jena Biogon 35mm F2.8, Fujifilm NEOPAN SS

 それでも何とか撮影したのがこの1枚で、バルブ開放で「1...2...」と数えて撮りました。
 三脚とか使用出来ない場所なので、ブレない様に壁にもたれて体を固定してましたね。

 右上に変な光が流れて写っているのは、巻き上げ時にシャッターが開いたからです。

 プラネタリウムの左下のCarl Zeiss Jenaマークが誇らしげです。

2002年ローパスレスの奇跡 2.

PICT0553_S
 Konica Revio KD-500Z, ZOOM HEXANON F2.8-F4.9 8.0mm-24.0mm, ISO100, RAW, SILKYPIX 8

 このブログで過去何度も書いている通り、Konica Revio KD-500Zは奇跡のコンデジ。
 Hexanonレンズとセンサーの相性が群を抜いており、真面目に撮れば現在でも十分に通用する画を吐きます。

 とはいえ当時のCPUやメモリーでは、センサーの能力を活かせる様なJpegを生成出来ず、真の実力は誰も知りませんでした。
 それでも十分綺麗でしたので、評価は悪くはありませんでしたが。

 このデジカメが幸いだったのは、隠しメニューのテストモードでセンサーのピュアデータを取り出せた事。
 お陰で最新の技術で画像を組み上げれるのです。

 という事で、以前現像した1枚をモノクロームで再現像してみました。
 これもありかな。

不思議な家と木津川大橋

20161015_ULTRAMAX400_016_S
 Canon AE-1, NFD 20-35mm F3.5L, Kodak ULTRAMAX 400

 木津川大橋をフレームに入れたスナップ写真を撮ろうとしていて、ふと気になった不思議な家です。
 パッチワークの様に色々な素材が組み合わさったというか、いくつもの家をひとつにした様な...何かの物語に出てくる家にも見えるし、適当に補修した様にも見えるし...

 奥に見えるのが木津川大橋です。
 そういえば、木津川大橋もある意味パッチワーク的かもしれませんね。

猛スピードで土佐堀へ飛び込むジェットスキー

20161015_ULTRAMAX400_018_S
 Canon AE-1, NFD 20-35mm F3.5L, Kodak ULTRAMAX 400

 ジェットスキーを愉しむのは良いが、マナーは守って欲しい...
 取り締まる法が整備されていないとはいえ、良識として大阪の堀を飛ばして走行するのはどうだろうか。

 正面:端建蔵橋(たてくらばし)

サイクルライダー達と木津川橋(大阪西区)

20161015_ULTRAMAX400_001_S2
 Canon AE-1, NFD 20-35mm F3.5L, Kodak ULTRAMAX 400, P.P.E.(Print processing emulation.) x 5

 木津川橋で見かけた三者三様なライダー達。

 奥には木津川大橋が見える。

大阪、堺市築港界隈 12.

EPSN1275_S
 EPSON R-D1, Summicron 50mm F2(1st.), RAW, SILKYPIX  8

 軽く絞ってF2.8。
 感度設定を変更し忘れてシャッター速度は最高速。

 R-D1は色々と忘れるカメラ。

 フィルムカメラの感覚で巻き上げてシャッターを押して、そこで初めて電源入れ忘れに気付く。
 撮影中にISO変更が出来るのに、デジカメである事を忘れて感度を絞りとシャッター速度だけで必死に合わせる。
 フィルムカメラの感覚で撮影が終わって片付けた後、電源を切ってなかった事を思い出す。
 或いは時間が経過しても思い出さない(苦笑)

 本当の話し。

 私がフィルムカメラとの違いで気を付けているのはひとつ。
 ネガフィルムは明るく撮って暗く焼く。
 ポジフィルムは露出のど真ん中を狙う。
 デジカメは暗く撮って明るく仕上げる。
 これは媒体の特性。


 [追記]
 今日通勤しながら色々撮って、家に帰ってみたらメモリーカード入ってなかった。
 R-D1って本当に色々忘れますね...

大阪、西区土佐堀界隈 1.

20170611133604_S2
 Apple iPhone 6s Plus, Jpeg

 昭和3年の建造物らしい。
 眼科が休みの日に行くと、横のお店が正面玄関に看板を出していて、ちょっと変な感じがします。

 この時、AE-1を持っていましたが、フィルム残数が僅かであり、撮るモノも決まっていた事からiPhoneで撮影しました。
 ちょっとした記録にはこれで十分です。

休日の改札口

20131010_002_S
 Carl Zeiss Contax II, Carl Zeiss Jena Biogon 35mm F2.8, F2.8, 1/25, Fujifilm NEOPAN SS

 戦前のBiogon。
 現在の基準からすれば、カラーフィルムだとヌケの悪いレンズですが、モノクロームを用いてコシの強い現像をするならば、優れた特性を見る事が出来ます。

建築中(ひびきの街サンクスタワー)

20131010_009_S
 Carl Zeiss Contax II, Carl Zeiss Jena Biogon 35mm F2.8, F5.6, 1/250, Fujifilm NEOPAN SS

 結構前に撮影しました...
 よく遊んだ公園から。
プロフィール

Makoto Shinra

ギャラリー
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 大阪、阪南市箱作界隈 1.
  • Konica 1型 米国陸軍信号兵団仕様を手に入れました
  • LX400とJX400全滅だった
  • 大阪、和泉市府中町界隈 6.
  • 前略、隙間から 8.
  • Hexar用レンズキャップ
  • Hexar用レンズキャップ
最新コメント
カテゴリー
タグクラウド
  • ライブドアブログ