六櫻社_Pearlette

Pearlette六櫻社に還る

P1110533_D_S2
 Panasonic GX7, AUTOYASHINON-DX 50mm F1.4(縮小光学系アダプタ),  RAW
 DxO FilmPack 5 Kodak T-Max 400 + SILKYPIX 8(軽く明度補正のみ)


 大正14年型のPearletteを生産地である東京西新宿の六櫻社跡地へ...
 写真工業発祥の地とされていますが、厳密には写真工業に置ける一貫した生産全てを可能とした初めての施設跡地でありましょう。
 詳しい歴史については諸先輩方が記録されているので、無駄な情報は発信しません。

 ただ言えるのは、このカメラはまさしくこの場所で誕生したという事実です。
 102年の間、このカメラが何処で誰の手を経てきたのかわかりません。
 でも私が手にした時点で相当古いフヰルムが入ったままになっていましたので、案外渡った人の手は少ないのかもしれませんね。

 六代目六右衞門(杉浦六三郎)氏により、我が国が写真産業に乗り出してあと少しで150年を迎えます。
 六櫻社誕生から数えると今年2017年は115年目です。

 ここからは妄想です。
 六櫻社は東京日野市のさくら町へ移転し、現在はKONICAMINOLTAとして存在していますが、どこかと提携、或いは自社生産して六櫻社モデルのカメラでも出して頂ければ嬉しいですね。

 レンジファインダーでHEXAR RFのKMマウント(敢えてLeica-Mとは言わない)をベースに、絞り優先AEではなくシャッター速度優先AEを搭載(つまり専用の伝達経路が必要となる)した専用のM-HEXANONなんかが付いていたり。
 そして仕様違いでMINOLTA SKYブランドとのダブルネームモデルも出して頂ければ往年のファンは滝の様な涙を流して喜ぶでしょう。

 ただ、喜んでも買うかどうかは別問題(ユーザーって案外セコいんですよ)なので、そう簡単には実現出来ない夢物語ですが。

 私は買いますよ。
 写真工業発祥の地に因んでナイアガラの滝(※)の如く涙しながら。

P1110529_D_S2
 Panasonic GX7, AUTOYASHINON-DX 50mm F1.4(縮小光学系アダプタ),  RAW
 DxO FilmPack 5 Kodak T-Max 400 + SILKYPIX 8(軽く明度補正のみ)


 ※跡地の新宿西口公園にある新宿ナイアガラの滝

 資料:日本写真学会会誌 Vol.1 創立當時の六櫻社

続・悪循環

 127フィルムの金属スプール欲しさに嵌ったPearletteの輪廻...

 見かねた香川県で100年前のベス単2個買って舞い上がっている人が、さくらフィルムの刻印の金属スプールを送ってくれ...たはずでしたが...

 うかつにも郵便局のメール便を使用したらしく...案の定届きませんでした...

 我が家に郵便局で荷物を送るという事は届かないを意味しているのです...

 なんせ11月だけでも4つの定形外が届いていません...

 そこんとこ宜しく。

 さて、仕方がないので127フィルムの金属製スプールを買ってきました...

 ええ、皆さんのご期待通り、Pearletteが付いてきました...

 だって...100円だったもの(悩)

 不可抗力というものです...
XZ011161_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO500, RAW
 SILKYPIX 7


 ...年季の入ったスプールPearletteですね...って...ん?
 T...25...50..100ぅ...?
 って...T!
 WOCOシャッター!
 初期型かっ!?
 (ビス1本欠落しているけど)

 しかも製造番号が12813だから発売年度の大正14年モノと判明...
 でも、こちらのページによるとこのリベット位置だと大正14年型の後期型とされていますが...
 いや、新発売の広告を見るとこちらが大正14年型の初期型でしょう...

 んむ...すばらしいゴミを引き当てた...

 大丈夫、どういう訳かわからないが私は急にPearletteの修理経験が豊富になってるから...必ず治る!

 因みに初期型のPearletteは、Leicaと同じく底蓋を開けてスプール2本にフィルムを張って挿入する面倒くさい高級な仕様です。

 さ、オマケで付いてきたカメラは置いといて...肝心の金属スプールは...と...

 おお!2本入っていましたよ!



 え?

 2本?

XZ011164_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO250, RAW
 SILKYPIX 7


 いつのん?(汗)

 何かとんでもないタイムカプセルを見つけてしまった様な...(汗)

 朽ち果て方から推測して数十年は放置され続けていた様に見えるが...(汗)
 そもそも流石に写ってないと思えるが...(汗)

 何が写っているのだろうかと興味あるのですが!?

 せっかく1本スプールが多くなったと思ったのに...し、しばらく放置だな...



 さてここで...これまでの流れを整理してみましょう...



 Pearletteを買う。

 修理が終わる。

 テスト撮影するには127スプールが足りない。

 金属製127スプールの値段で金属スプールの入ったPearletteが買える。

 Pearletteを買う。

 修理が終わる。

 テスト撮影するには127スプールが足りない。

 金属製127スプールの値段で金属スプールの入ったPearletteが買える。
 
 Pearletteを買う。

 修理が終わる。

 テスト撮影するには127スプールが足りない。

 金属製127スプールの値段で金属スプールの入ったPearletteが買える。

 Pearletteを買う。←今ココ!


 ああ!!

悪循環

XZ251117_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.2, 1/50, ISO800, RAW
 SILKYPIX 7


 Pearletteを買う。

 修理が終わる。

 テスト撮影するには127スプールが足りない。

 金属製127スプールの値段で金属スプールの入ったPearletteが買える。

 Pearletteを買う。

 修理が終わる。

 テスト撮影するには127スプールが足りない。

 金属製127スプールの値段で金属スプールの入ったPearletteが買える。

 Pearletteを買う。←今ココ!


 つまり次回は修理って事だな...

 (今度のは昭和8年型の様ですね)

今日はここまで

XZ231107_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.5, 1/30, ISO800, RAW
 SILKYPIX 7


 やり過ぎないレベルで止めています。
 色はやがて馴染むと思います。

 因みに裏は鉄で錆まくっていましたので、赤錆を黒錆に化学変化させておいた後、軽くうっすらと塗りました。

 どうもこちらの個体は昭和12年型の様です。

コンパクトなのです

XZ231100_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.0, 1/100, ISO200, RAW
 SILKYPIX 7


 この子たちは...小さいといわれているLeica 1(C型)(右中)と並べても、小型軽量では負けていないのです...

 それでいて画像サイズは、ライカ判の24mmx36mmに対して、ベスト判は40mmx65mmだから画質も圧倒的に有利なのです...

 圧倒的に劣るのは鏡玉(レンズ)くらいですね。
 (結果描写も劣るのだけれど)

 あ、手前の子、蛇腹補強し過ぎてここまでしか畳めません(ダメじゃん)
 奥の子は今日塗装補修します。


 (背景は小西六製ダークボックスです)

似たり寄ったり

 明日は休日です...
 暇して余計な事を考えたくないし、家事とカメラの修理と持ち帰った仕事をして忙しく過ごそうと思います...
XZ221085_S_D_D_D
 OLYMPUS XZ-2, F2.4, 1/80, ISO200, RAW
 SILKYPIX 7+DxO FilmPack 5


 鏡玉は手前から...三枚玉、三枚玉、単玉です。
 四枚玉のHexarが欲しいなと思いますが、三枚玉や単玉のほうが描写は暖かくていいかもしれませんね...

 フィルム考えないと...

Pearletteを朝からいじる 2.

XZ201077_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.4, 1/80, ISO200, RAW
 SILKYPIX 7


 取り合えず何とか完成しました...
 光線漏れは...撮影してみなければ分かりませんが、覗く限り蛇腹はOKっぽいですね...
 後は筐体がどうか...

XZ201080_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.4, 1/50, ISO800, RAW
 SILKYPIX 7


 まぁ、こんな感じ。

 苦労したのはもっぱら内側ですね...

 そもそも墨汁に漬けたらガーゼ丸まってしまうんだもの(笑)
 後は耐久度です...

 ヒンジパーツと蛇腹のクリアランスがありませんから、最初から負担が掛っている構造なのです...


 [追記]
 夕飯を作り終え、革ケースをメンテナンスしました。
 撮影は可能となった筈...でも、フィルムが有りませんので作る事にしなければ...と思っていたけど、スプールも足りない事に気付きました。
 光線漏れチェックはしばらく後になりそうです。

Pearletteを朝からいじる 1.

 今日は早朝より家事の合間に...
XZ201074_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/100, ISO100, RAW
 SILKYPIX 7


 ジャンクのPearletteをいそいそと修復しております...
 レンズとシャッターは以前書いた通り、一応の目安は付いたのですが、当然といいますか蛇腹の劣化が激しいのです...

 で、完全に新調するか、パッチ当ててすっ呆けるか...思案しないですっ呆けてしまおうと...

 そう、穴埋めとかそんなレベルじゃなく崩壊寸前なのです...
 なのにパッチ当て(苦笑)

 色々な方法がありますけれど、取り合えず水溶性のボンドを墨汁で溶いて...
XZ201076_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/200, ISO100, RAW
 SILKYPIX 7


 えっと...どうしよう?(悩)

 ガーゼを細かく切って、こいつを染み込ませて貼り込むという作戦を思い付き、躊躇なく実行したので今大変困っております(笑)

 即実行に移すのは私のとても良い所であり、とても困った所でもあります...
 でも良いのです...
 前に進まなければ何も変化しませんから...

 えっと...つづく(苦笑)

ある程度復元できました

XZ161069_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.5, 1/30, ISO1250, RAW
 SILKYPIX 7


 六櫻社 Pearlette 昭和9年製, 旭光学合資 Optar F6.3 75mm Triplet(3枚3群)

 香川県で最近ベス単を買って喜んでいる方のContessa Nettel Piccoletteというカメラに対抗して手に入れましたが、なんせボロボロで修復途中です...
 取り合えずレンズとシャッターと絞りは何とかなったかなと思いますが、ファインダー(ウェストレベル)のプリズムに生えたカビは...一応紫外線当てておきますが...除去不能かもしれません...

 欠品している部分もあるので先は長いかも...

XZ161052_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO500, RAW
 SILKYPIX 7


 でも、六櫻社のマークが入ったカメラですからね...
 こいつで写真工業発祥の地を撮りたいなと...
プロフィール

Makoto Shinra

ギャラリー
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 大阪、阪南市箱作界隈 1.
  • Konica 1型 米国陸軍信号兵団仕様を手に入れました
  • LX400とJX400全滅だった
  • 大阪、和泉市府中町界隈 6.
  • 前略、隙間から 8.
  • Hexar用レンズキャップ
  • Hexar用レンズキャップ
最新コメント
カテゴリー
タグクラウド
  • ライブドアブログ