COSINAの一眼レフに"C1s"というものがあります...

 このカメラ、シャッター不調のジャンク品を安価で買いまして...
 あ...新品でも安価でしたけれど...まぁ、一応ジャンク扱いです...
 で、修理が面倒だったので放置しておりました...

 症状はレンズを付けてシャッターを切るとミラーが復帰しないという...お約束といいますか...

 それってミラーがレンズに干渉してるだけでしょ!(笑)
 実はこの筐体を共有している安価なマニュアルカメラ("Nikon FM10"とかね)ではよく起こる事らしいです...
 コストダウンの関係でミラーを両面テープで貼っている?ともかく、シャッター切っていると遠心力に負けたミラーが次第にズレるという...
 このコストパフォーマンスは"HELIOS-103"以上かもしれません...

20170528091315_S2

 Apple iPhone 6s Plus, Jpeg

 ともあれ、要はズレたミラーを戻して固定すれば良いだけでしょと...
 ドライヤーで暖めて粘着力を低下させ、指で押すと簡単に奥まで入りました...
 所要時間30秒。

 後は固定だなぁ...

20170528091406_S3
 Apple iPhone 6s Plus, Jpeg

 ダンボールでクサビを作りミラーを浮かせて、瞬間接着剤を隙間に流し込みました...
 やっぱり所要時間30秒。


 ここまでは良かった。


 手元が狂って瞬間接着剤がミラーの後ろ...フォーカルプレーンに落ちたからさぁ大変...

 丁寧に除去しましたよ...1時間掛けて(笑)

 トータル作業時間1時間1分(笑)

 でもいいや、ちゃんと動作する様になったし。

XZ281810_S3
 OLYMPUS XZ-2, RAW, SILKYPIX 8

 カッコイイと思うか変に思うかは個人差だと思いますが、Leica M3より小型軽量な一眼レフって結構使えると思いますよ...
 プラ製で軽いから手振れを気にして撮影する必要はありますが、COSINAがこれをベースに"BESSA"を作るわけだぁって思えるサイズはいい...
 流石にR-D1との共通パーツは少ないけれど、一応、直結のご先祖様ですね...
 シャッターなんか同じだし...

 我が家でPentax Kマウントのカメラってこれ以外だとCHINONの"CP-7m"だけだから、対極っぽくていいな...
 っていうか、これの純正ズームレンズが最強過ぎでして、28mm~200mmまでカバーしているんです(笑)
 F3.5-F5.6だけど一応普通に写るし、ターゲットのファミリー層には十分ですよ...

 COSINAって地味に凄いなぁ...