20170603_T-MAX400_012_S
 Leica M3, Summarit 50mm F1.5, kodak T-Max 400


 少し古いカメラ好きな方は"M3ショック"という言葉を耳にした事があると思います...

 「Leica M3が発表されると、そのあまりにも高度な機構により、日本のカメラメーカーはLeicaを追い越す事を諦めて一眼レフの開発に勤しんだ。」

 なんて、ちょっとした都市伝説みたいなモンです...
 実際はあそこまでやっちゃうとコスト面から採算が取れない為、路線を切り替えたというのが正解でしょう...
 LeitzもM3以降はコストダウンをくり返し、挙句に経営破綻しているので、その段階での読みは正しかったと思われます...

 ともあれ、これが世間一般でいう所の"M3ショック"というものです...

 うん...

 M3で2日間撮りまくったのです...私...

 そしたらね...

 いつの間にか連動距離計が狂ってたらしく、現像したら全部前ピンになってしまってました...

 上の写真もね...

 手前のダンディな歩行者にフォーカスを合わせたのではなく、後ろで撮影してる凪に合わせて撮ってたんですよ(涙)
 たまたまダンディな歩行者さんがフォーカス位置を通行してくれて、それなりに写真として成立したんですが!

 ありがとう>名も知らぬダンディな貴方

 そんな訳で私今、猛烈な脱力感に見舞われています...


 これがつい先ほど私が経験した"M3ショック"です...

IMG_9180
 Canon EOS Kiss X2, EF-S18-200mm F3.5- 5.6 IS


 その時凪の撮影した写真がこちら...
 私は空振りだったけれど、凪は撮れてて良かった(笑)

 眩しいね...色が沢山で...綺麗です...