Canon_VI-T

在りし日の加太ポンプ場

20140115_JUPTER3_008_S
 Canon VI-T, Carl Zeiss Jena Sonnar 50mm F1.5, Kodak GOLD 100

 先日加太へ魚を食べに行ったら、加太ポンプ場が消えていました。
 機能していないので新たに建設するとの看板がありました。

 確かにずっと機能していなかったけれど、オブジェとしては最高な存在感だったので、少し残念でしたね。


 ※これは興奮のあまり露出合わせをウッカリ忘れて撮影したので、露出過多なネガから起こしています。

銀色Leica

 前からIIIgが欲しかったというか...(苦笑)
XZ101201_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.5, 1/30, ISO800, RAW
 SILKYPIX 7


 香川(略)さんは、シルバークロムメッキのLeica III(D型)を持っているけれど、私の所有するLeica...いや、Leicaに限らず、Leicaマウント(バヨネットだとかスクリューだとかは置いといて)のカメラは悉く黒だったりします...
 年代順で並べると...

 Leica I(C型) エナメルブラック Leicaスクリューマウント
 Leica III(D型) エナメルブラック(Leica Iのバージョンアップサービス版) Leicaスクリューマウント
 Canon P ブラック塗装 Leicaスクリューマウント
 偽Leica(有り得ない形状) マットブラック塗装(多分Зоркий) Leicaスクリューマウント
 Leica M5 ブラッククローム Leicaバヨネットマウント
 Leica M5 ブラッククローム Leicaバヨネットマウント
 HEXAR RF ブラック焼付け塗装 Leicaバヨネットマウント
 R-D1 ブラック焼付け塗装サンドブラスト仕上げ Leicaバヨネットマウント
 R-D1xG ブラック焼付け塗装サンドブラスト仕上げ Leicaバヨネットマウント

 とまぁ、本当に黒いモデルばかりですね...
 というのもやはり黒いLeicaでないと、例えば光るカメラで戦場とか行くと狙撃兵に狙われて命を落とすから困る訳です...
 かつてはシルバークロムメッキのCanon VI-Tを所有していたのですが、フィルムカメラをやりたいっていう若い子にプレゼントしまして...
59_S
 Apple iPhone 4s, Jpeg

 めちゃめちゃカッコイイです...あげたけど...
 でも、彼はそれが切っ掛けとなり、フィルムで撮影する面白さに開眼して、今では二眼レフで撮影を続けています...

 おっと、話が脱線しました...
 ともあれ今現在、銀色が無いのです...

 でも、所有するLeicaマウントのレンズは圧倒的に銀色が多いのです...
 これがあまり黒いボディとマッチしないのですよ...

 特に黒いバルナック型だと、あのピカピカレンズが浮いてしまっていけません...
 だからわざわざニッケルElmarとかをチョイスしてしまう...
 ずっと我慢していましたけれど、やっぱり銀色のレンズが似合う銀色のカメラが欲しいなと...

 それでIIIgなのです...

 今更IIIgについて書く事もないのですが、Leica M3登場後にスクリューマウントLeicaを求めたユーザーの心情がよくわかります...
 だって私もどちらかといえば、バルナック型の方が使い易いのです...
 特に初期の板金モデルは、しっとりと手に馴染みますからね...
 確かにM5も使い易いし、独特の質感と手に伝わるひんやり感も一種の快楽です...
 でも...バルナック型の方が手との一体感があるのです...

 道具とは不思議なもので、ほんの僅かの差で使いやすかったり使いにくかったりします...
 僅かに大きいとダメで、それをまた僅かに越えて大きくなるとまた使いやすくなったり...相性というものは本当に微妙な上に成り立っています...

 しかし、多くの方がコメントされている様に、バルナック型のファインダーは見づらいのです...
 もっとも、"ノーファインダーでスナップする事が粋"とされているのがこの手のカメラです...
 実際殆どのシーンで、ファインダーの見え方が写真に影響する事はありません...
 でもたまにじっくりと狙いたいとか思うと、あのファインダーが(メガネを掛けていると特に)ストレスになります...

 そこでファインダーの性能が高いIIIgなのです...

 あと私としては、M3とIIIgのどちらかを選べと言われたらIIIgになりますね...
 実際IIIgになったし...(M3も今の時代それ程高い買い物ではない)
 IIIgは他のバルナック型と比べると大きいですよ...
 でもM3と持ち比べるとIIIgがいいな...
 だからあの時代に何故このカメラが登場したのかよくわかります...
プロフィール

Makoto Shinra

ギャラリー
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 大阪、阪南市箱作界隈 1.
  • Konica 1型 米国陸軍信号兵団仕様を手に入れました
  • LX400とJX400全滅だった
  • 大阪、和泉市府中町界隈 6.
  • 前略、隙間から 8.
  • Hexar用レンズキャップ
  • Hexar用レンズキャップ
最新コメント
カテゴリー
タグクラウド
  • ライブドアブログ