Ernst_Leitz_Leica_3(D3)

大阪、難波界隈 16.

20141024_016_S_2
 E.L.W. Leica III, Carl Zeiss Jena Tessar 50mm F3.5, Kodak GOLD 100

 LeicaにTessar...

少しこの組み合わせで

XZ021667_S6_2
 OLYMPUS XZ-2, RAW, SILKYPIX 7

 "Leica III + AIC Soligor 35mm F3.5 + Nikon 35mm Finder + Sakuracolor"

 フィルムはしばらくこの組み合わせで行こうと思います...
 F3.5であっても、陰の表現は十分可能です...

AIC Soligorのお話し 1.

XZ211606_S6
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, RAW, SILKYPIX 7

 この記事は数度に渡って書いて行こうと思っています。


 Soligorブランドの交換レンズ群は、主に一眼レフ向けとして販売されていましたが、Leitz向けにも3本が用意されていました...

 これらSoligorレンズは、商社が窓口となって販売されていたのですけれど、実際のレンズ生産を請け負っていた会社は何処なのか、注目される事はありませんでした。
 それに日本向けと海外向けでは窓口の商社も異なる上、取り扱っているレンズもまた違うといった具合でしたから、大変に混乱した記憶があります...
 今と異なり、海外の情報というものは殆ど入ってこない時代でしたから尚の事でした。

 アリマツ株式会社がいくつかのレンズメーカーに数ロットずつ外注し、Soligolブランドで販売していた事が現在では分かっております。
 外装の意匠に統一性を持たせていた為、当時は複数メーカーの製品だとは思わず、アリマツ製品だと信じ込んでいました...

 海外ではAIC(Allied Inpex Corporation)という会社がアリマツを通じてSoligorレンズを販売していました。
 AICが独逸の商社だったからか、AICで販売されていたSoligorレンズは総じて性能が良かったので、同じ名前のレンズを作る異なるメーカーが海外に存在すると思っていた程でした...

 私が所有するAICより販売されていたSoligorレンズは、色々な経緯から正当な国内評価がされていないレンズです。
 これらのレンズが話題に上がる時、その多くは偏見で語られます...
 それも実際にこのレンズを使用していない人が思い込みで面白可笑しく語り、それらを読んだ人達があたかも自らが知っているかの様に広めるから始末に負えません...

 レンズの評価をするならば、ちゃんとフィルムで撮影してからにしなければなりません...

 続きます...

極まれり...

XZ141223_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.0, 1/30, ISO800, RAW
 SILKYPIX 7


 ニセモノを買うとホンモノが欲しくなるってのはわかるけれど...
 ホンモノを先に買ってもニセモノが欲しくなるってどうしてだろう?

XZ060167_S2
 OLYMPUS XZ-2, F2.0, 1/60, ISO800, RAW
 SILKYPIX 7


 ...馬鹿って事?(苦笑)

大阪、難波界隈 4.

20141024_019_S
 E.L.W. Leica III, Tessar 50mm F3.5, Kodak GOLD 100

大阪、泉南市樽井界隈 1.

20141024_013_S
 E.L.W. Leica III, Summar 50mm F2, Kodak GOLD 100

 全然だめだ...
 ろくな写真じゃないですね...
 もう少し撮れる様にならないといけません...
プロフィール

Makoto Shinra

ギャラリー
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 大阪、阪南市箱作界隈 1.
  • Konica 1型 米国陸軍信号兵団仕様を手に入れました
  • LX400とJX400全滅だった
  • 大阪、和泉市府中町界隈 6.
  • 前略、隙間から 8.
  • Hexar用レンズキャップ
  • Hexar用レンズキャップ
最新コメント
カテゴリー
タグクラウド
  • ライブドアブログ