Konica_1型

Konica 1型 米国陸軍信号兵団仕様を手に入れました

IMG-6714_SX
 Apple iPhone 8 Plus, Jpeg

 U.S. Army Signal Corps Editionと呼ばれる個体です。

 U.S. Armyは、米国陸軍で、Signal Corpsは調べると信号隊であったり通信隊であったり信号兵団といった和訳が見られます。

 このカメラが作られた頃、アメリカ陸軍信号兵団の第71信号役務大隊が埼玉県の大和田通信所に常駐しておりましたので、和訳として信号兵団を選択してみました。
 勿論、この個体が第71信号役務大隊で使用された物かは不明です。
 そもそもどんな目的で小西六に発注されたのかも、現時点で全く確認出来ておりません。

 一体何台発注されたのかも不明です。

 ですから、Konica@wiki コニカ 1型についてにも掲載はしましたが、何かご存知の方がいらっしゃれば情報提供をお願いします。

断捨離続けます...

20180311092457_SXS
 Apple iPhone 8 Plus, Jpeg, Photoshop 5

 引き続き手持ちのカメラを処分して行きます...
 いわゆる"銘機"や"希少機"も手放すと思います...
 "Rolleiflex"も入手したけど要らないかな?
 "Olympus 三光Pen"も十分だろう?

 でもこのカメラはもう少し手元に置いておこうか...

高性能実用Leica判寫眞機Konica型

Konica_1_S2
 Apple iPhone 8 Plus, Jpeg, Photoshop 5

 戦後の小西六製カメラで気に入っているのは初代"Konica型"です...
 今では後続機種の関係で識別上"1型"と呼んでいますが、元々は無印の"Konica型"でした...

 私は"2型"や"3型"には興味を持っていません...
 別に"2型"や"3型"が劣るという訳ではなく、"Konica型は1型で既に完成されている"と考えているからです...
 レンズも"Hexar 50mm F3.5"で必要十分写りますし、"Hexanon 50mm F2.8"で"Color-Heliar(Dynar)型"の写りを愉しむ事も出来ます...
 逆にF2以上に進化したHexanonは、描写に関しては微妙に後退した感があります...
 決して駄目というのではありませんが、得たものと失ったものがあるという意味で、どちらを重視するのかは個人の好みに依存する部分です...
 この辺の考え方は香川県のあの方も「うおおぉ!Konicaは1型があれば十分だ!」と叫んでいた気がします...

 上のKonica型は買ってからロット番号が面白い事に気づきました...オール7だったら高かったでしょうね...無駄に...
 "Central Purchasing Office"モデルで、それを示す"CPO"の刻印があり、アメリカ軍へ納品された個体です...
 "CPO"モデルがロット単位で作られたのか、個々で発注を受けて納品時に刻印されたのかは知り得ていません...

 世代でいえば、最初期の"Rubicon銘"を除外し、"Konica銘"になってから第二世代になりますね...
 "Konica銘"第一世代(100台未満と思われます)は先ず見る事はありません...
 (写真のみ見ています)
 実用面からいえば、3万台以降の個体が完成されているので適しています...
 実際私が使う個体は8万台後半です...

 Konica型は10万1000番台までの個体が確認されています...

 Leicaでいえば"Rubikon銘(のKonica型)"は"Null"みたいなものですし、最初期型も"Elmax A-Type"みたいなもの、先ず手にしないでしょう...
 それに高価なら手にする意味もないです...
 上の個体も適正価格だったから購入したに過ぎません...
 ヤフオクとかだと10万円とかで売られているからびっくりしますね...
 "普通"の"Konica型"が間違いなく良いですよ...


 今回もiPhoneでごめんなさい...
 まだカメラで撮影する事が困難なのでお許し下さい...

昭和の光を求めて

20141111_Konicacolor_028_S
 Konica 1型, HEXANON 50mm f2.8, Sakuracolor 業務用 100(期限切れフィルム)

 美章園界隈も老朽化した高架部分を移設しています。
 この様な高架下の家々も在りし日の光景となるのでしょうね。

 この撮影自体2014年ですから、ちょっと行ってみなければ...
 一瞬一瞬は何処にも誰にも等しくやって来ます。
 アマチュアもプロも写真を撮って、今日この一瞬の光を刻む作業をしましょう。

 カメラは"Konica 1型"と呼ばれる戦後の復興を象徴するカメラです。
 フヰルムも今は亡き小西六製。

Konica型模索の旅路は続く...

XZ301145_D_S
 OLYMPUS XZ-2, RAW, DxO FilmPack 5(Kodak Ektar 100)

 戦後の小西六写真機第一号たる"Konica型"(1型というのは2型登場後区別する意味で後年付けられた)の理想形を求める旅はまだ続いています...

 現在探しているのは、アクセサリーシュー(というかフラッシュガン取り付けパーツ)ですが、数年掛けて見つかるかどうかでしょう...
 有ればラッキー程度です...
 (当然純正品)

 それとは別にF3.5の"Konica型"も探しています...
 勿論、こちらの玉数は多いですから、それなりに目にしているのですが、私の欲しい仕様ではないのです...
 結構細かなマイナーチェンジがありまして(苦笑)

 動不動は問いません...構造が単純なので。
 明るいレンズよりも暗いレンズを搭載したカメラに惹かれます。

 「明るいレンズに拘るうちはまだまだ沼の淵をうろうろしてるだけ。」と言われていますが...恐ろしいですね。

全ては理想を求めて...

 
 "コニカカメラの50年 コニカ1型からヘキサーRFへ"という本を読んで、Konica 1型用に売られていたこのアクセサリーを知ってから、ずっと欲しくて探していました...
XZ301121_S
 OLYMPUS XZ-2, F2.2, 1/60, ISO640, RAW
 SILKYPIX 7


 なんだか...ベッドに誘ってるやうな悩まし気なお姿に見えるのは、多分私が少しハイになっているからでしょうね...
 上記の本によれば、サードパーティ製まで売られていたらしいのですが...今ではあまり見かけません...
 これは想像ですが...簡単に外れる事や、単体では意味のわからない金属片にしか見えない事から、家なんかで落っことした時、よもやカメラのパーツだとは思わないで家族に捨てられたとか...?


 一応これは純正みたいです...


 そしてもうひとつのアクセサリーも出しましょう...
XZ301123_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO400, RAW
 SILKYPIX 7


 私にとっては宝石箱の様なものです...

 中身はレンズでしょうか?

 半分正解...
XZ301127_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO200, RAW
 SILKYPIX 7


 箱に書いてありますが、"Auto-up"というアクセサリーです...
 直訳すると自動上?
 いえ、自動拡大です...
 でも、決して自動で拡大してくれません...

 Leicaでいう"メガネ付きSummicron"みたいなものです...
 どんな役目を果たすのかといえば、ノーマルより被写体に寄れる様になります...
 でもマクロレンズになる訳ではなりません...

 あくまで、"ちょっと寄れる"...です...

 因みにメガネ付きSummicronは、"5cmだけちょっと寄れる"様になります...
 Konica 1型だと最短1mだった撮影距離が最短50cmになります...

 カメラの老眼鏡みたいなものでしょうか...
 このアクセサリーは多く流通しているので、容易に入手できます...

 私はスナップ撮影しか出来ない男ですから、普通はこの様な"ちょっと寄れる"アクセサリーは必要ありません...
 でも、イメージしている写真を撮る為に、"ちょっと寄れる"このアクセサリーを使うのです...

 では...Konica 1型に...
XZ301129_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO500, RAW
 SILKYPIX 7


 これらを取り付けていきましょう...

 するとこうなります...
XZ301145_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO640, RAW
 SILKYPIX 7


 そう...最初のアクセサリーは"ボディレリーズ"といいます...
 知らない方もいらっしゃると思うのでご説明しますと...

 Konica 1型は、第二次世界大戦直後に発売されたカメラで、他のカメラメーカーはごぞってLeicaの模倣に走っていました。
 中にはContaxとLeicaのいいトコ取りをした様なカメラすらありました...
 そんな中、老舗の小西六は自社で培ってきた技術でこのカメラを作った様です...

 ベースが学術用カメラの"ルビコン"だとか、そういう話は置いといて...

 むしろ戦前に販売していた蛇腹カメラの発展型に近く、シャッターユニットが本体と完全に分離した構造になっていました...
 スルスルと伸びたレンズの先端に付いたシャッターユニットを直接操作しなければなりません...
 シャッターをチャージするのも...シャッターを切るのも...全てはレンズの先端付近のノブを操作するのです...

 慣れてしまえば、左手の人差し指でシャッターをチャージして、右手の中指でレリーズできるので、それ程大変ではないのですが、あくまでそれは慣れてしまえば...であり、不慣れならば手振れを起こし易いのも事実です...
 ところがこのボディレリーズを使えば、普通のカメラの様にシャッターを押す事ができます。
 (押し方でバルブ開放のまま固定しておく事も可能)

 フードは勿論純正の"Konihood"...そして...
XZ301152_S
 OLYMPUS XZ-2, F1.8, 1/30, ISO320, RAW
 SILKYPIX 7

 イエローの純正"Konifilter"を付けて...

 それにしても...Hexanonって人の肌を豊かに写すのですね...
 だからKonicaのレンズはポートレート向け...かな?とね...

 40年スナップしか撮らなかった男が、ポートレートを撮ろうとしています…

1型のHEXANON 50mm F2.8について

 Konica 1型とKonica HEXAR RFとサクラフヰルムをKonica Revio KD-500Zで撮影す。
PICT0941_S
 Konica Revio KD-500Z, F2.8, 1/103.1, ISO100, Jpeg

 コニカカメラの50年 コニカ1型からヘキサーRFへ

 という書物があります...
 当然所有しているのですが(苦笑)

 Konica 1型は昭和25年、マイナーチェンジした時にF3.5からF2.8にと明るいレンズに換わりました...
 F3.5はTessar型で、F2.8はといえば実はHeliar型なのです...

 これがHeliar独特のよく写るレンズ。
20141111_Konicacolor_041_S
 Konica 1型, HEXANON 50mm f2.8, Sakuracolor 業務 100
 (期限切れフィルム)

 最後にお願いがあります...
 Heliar型という事で...むやみにこのレンズを欲しいが為に、Konica 1型等を分解しないでください...
 ジャンクでどうしようもない個体だというならいざ知らず、修理可能ならば復元保存に努めて頂きたいと思います。

 このクラスのカメラになると、それは文化の破壊行為に等しいと思います。

 あ、初めて買ったKonihoodはこのカメラ用でしたっけ...


大阪、阿倍野区天王寺町南界隈 1.

20141111_Fujicolor_084_S01+02
 Konica 1型, HEXANON 50mm f2.8, SUPERIA PREMIUM 400
 P.P.E.(Print processing emulation.) x 2

ガード下風景 3.

20141111_Konicacolor_020_S
 Konica 1型, HEXANON 50mm f2.8, Sakuracolor 業務 100
 (期限切れフィルム)

 100%さくら色...写真は地味ですけれども(笑)

 小西六(現KONICAMINOLTA)の戦後最初のカメラが"Konica 1型"でした。
 後に社名となるKonicaの名前はこのカメラから。

 1型というのは後年に便宜上呼ばれているだけで、本来はただの"Konica"がカメラ名です。
 私の所有する1型はレンズがF3.5からF2.8になったマイナーチェンジ後の個体です。
 ノンコートレンズなので発色はおとなしくて、こういった被写体に向いていると思います。
プロフィール

Makoto Shinra

ギャラリー
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 久しぶりに撮りに出る
  • 大阪、阪南市箱作界隈 1.
  • Konica 1型 米国陸軍信号兵団仕様を手に入れました
  • LX400とJX400全滅だった
  • 大阪、和泉市府中町界隈 6.
  • 前略、隙間から 8.
  • Hexar用レンズキャップ
  • Hexar用レンズキャップ
最新コメント
カテゴリー
タグクラウド
  • ライブドアブログ